着物の種類と用途〜つむぎ、小紋

つむぎ、小紋

 ★気軽なお出かけに着られる着物です

 

着物には、染めと織りと大きく二つの種類があります。

小紋は染めの着物で、つむぎは織りの着物の代表となります。

 

どちらもちょっとしたお出かけにルールにこだわらずに楽しめる着物です。

例えば、お食事や演劇などの鑑賞などのおしゃれ着としては最適です。

 

ただ、カジュアルオンリーな着物ではなく、柄やコーディネートを考えればフォーマルな着こなしも可能です。

例えば、小紋は着こなしの幅が広く、格のある袋帯を合わせれば結婚式などにも着ていくことができます。

 

一般的に、着物と帯の色合わせは、同系色と反対色によって正反対の印象を与えることができます。

同系色で合わせるとモダンな印象を与えることができ、反対色で合わせるとクラシックな印象を与える着こなしになります。

ただ、色あわせに決まり事はありませんから着る方の好みであり、あくまでも一般的な色あわせとして利用するのがかしこいと思います。

 

つむぎ、小紋に似合う帯結び

 一重太鼓(いちじゅうだいこ)

名古屋帯を用いたお太鼓結びですが、帯の結び方にはいくつかの方法があります。

 

角出し

かなり慣れた方向きの帯結びで、銀座結びと呼ばれることもあります。

本格的な角出しは、後ろで帯を一結びする必要があるため一人で結ぶのは難しいです。

 

花文庫

若い方に好まれ、ゆかたの帯結びしてもよく使われます。

半幅帯でも、羽を二枚作って仕上げることができます。

 

お文庫流し

文庫結びのアレンジ版で羽の一枚を長めに垂らします。

 

男結び

つむぎ、小紋を普段着として着る場合によく使われます。(ゆかたにも最適)

男女兼用、年代を問わずに使える万能な帯結びです。

 

(次ページ⇒)付け下げ・訪問着・色無地