着物・帯にアイロンをかけるときのコツ

着物や帯の皺を伸ばすとき、蒸気アイロンを使ってはいけません。

必ずドライのアイロンでかけるようにしましょう。

また着物や帯に直接アイロンをあててはいけません。

手ぬぐいなど白い布地をあて布にして、その上からアイロンがけをして下さい。

もしなかなか取れない皺があって、ドライではとれそうもないときは、霧吹きをあて布にして、その上からアイロンをかけてみて下さい。

きっと皺が取れるはずです。

 

着物にアイロンをかけるときは、斜めに置いてしまうと皺が出来てしまうことがあります。

布目にしっかりと沿ってかけるようにしましょう。

 

帯へのアイロンがけも布目に沿ってかける必要があります。

帯を自分の膝の前に置き、かけるようにしましょう。

 

もしアイロンがけの途中で汚れや染みを見つけた場合は、決してその上からアイロンをかけないようにして下さい。

出来るだけ早く、専門店で染み抜きを依頼しましょう。

染みがついたままアイロンがけをすると、その染みが取れなくなるケースもあるからです。

 

 (次ページ⇒)着物を脱いだその後は