着物の収納について

陰干しをしている間に、着物や帯に汚れや染みがないかはしっかりとチェックしておきましょう。

もし汚れや染みなどのダメージがあった場合、軽い汚れであればべンジンで拭くと落ちる場合もあります。

とはいえ慣れない人は、着物の専門店やクリーニング屋さんなどの専門家に相談したほうが良いでしょう。

 

こうしたダメージがないかどうかのチェックが終わったら、着物や帯を収納します。

 

昔から着物を収納するのには、通気性が高い桐ダンスが良いという風にいわれています。

しかし衣装ケースや普通のタンスでも、折り皺を付けないエ夫さえすれば構いません。

 

着物と帯は1枚ずつ鎧金のふろしきや畳紙で包んで、重ねて収納します。

しかし畳んだあとの長さが着物と帯では違いますから、容器は別々に分けたほうが良いでしょう。

 

その他の帯揚げ・帯締め・足袋などの小物類は別の容器にまとめて収納して下さい。

防虫剤については、絹の着物には基本的には不要です。

それでも使うのであれば、ピレスロイド系のものが適しています。

シート状になっているものが多いし、無臭です。

使う場合は、着物や帯に直接触れさせないようにして下さい。

畳紙やふろしきの中にはいれずに、収納容器の四隅に設置するようにしましょう。