着物を脱いだその後は

家に帰って、着物を脱いだあとはすぐにしまってはいけません。

着物・帯・長襦袢をハンガーにかけて、風通しの良いところに吊るし、風を通します。

このとき直射日光は避ける必要があるので、注意してください。

 

裾よけ・肌儒絆・足袋は、なるべくすぐに洗濯します。

汚れている場合は、長補絆の半えりも外して洗いましょう。

 

帯揚げにはアイロンを軽めに当て、皺を伸ばしておいて下さい。

もし房の部分の乱れや縮れが酷い場合は、房の先端からアイロンで蒸気を当てて伸ばし、そのあと紙で巻いておくことで綺麗な状態に戻ります。

 

その後は帯締めと一緒に、帯板・帯揚げ・帯枕・紐類も一箇所にまとめてしまっておきましょう。

 

 (次ページ⇒)着物の収納について